toggle
2015-09-06

“老い”を感じたときに観たいDVD3選

こんにちは。

50歳を過ぎると、いろいろな場面、身体、気持ちが
衰えたなと感じることがあります。
それは突然やって来るし、誰にでも訪れることのようです。

今日は自分の歳に向き合って、ちょっと落ち込んでしまったときにお勧めのDVDをご紹介します。

ヤング@ハート [DVD]

アメリカで活動する平均年齢80歳を超えるロックグループのドキュメントです。
日本講演を観に行きましたが、ステージには何客かの椅子が置いてあったし、楽屋から出てくる時には車椅子に乗っているメンバーも見かけました。
でも、ステージに立つ彼らは、きらっきらっに輝いていて、エネルギッシュ。客席で私の斜め前に座っていた若い男子が、彼らの歌を聴いて、人目もはばからず泣いていたのが忘れられません。

カルテット! 人生のオペラハウス

この映画、なんとダスティン・ホフマンが監督しています。
イギリスの老人ホームが舞台ですが、このホームはなんと! 引退した音楽家のためのもの。同じような境遇の人が集まる老人ホームなんて。
認知症でも、足腰がおぼつかなくなっても、楽器を手にしたり、歌ったりするときの表情は輝いていた頃のまま。イキイキとして、とてもすてき。
自分の老いをどうやって受け入れるか、どう付き合っていくか、考えさせられる映画です。

パーソナルソング

「1000ドルの薬より、1曲の音楽を」がキャッチのアメリカのドキュメンタリー。
認知症の患者に、iPodで若い頃の思い出の曲を聴かせると曲の記憶と共に、その頃の記憶がよみがるのではないかという仮説を検証していく。
「聖者の行進」を聴いた老女。まさに眠りから目覚めて、次々に記憶があふれていく姿には涙しかありません。そう遠くない自分の姿を思いながら、人の尊厳とは何か? 考えるきっかけをもらった映画です。

 

Share on Facebook

関連記事